徒然なる時に。。
題名のとおり、徒然なるままに。そんな時に更新する日記です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三国志あれこれ
突然ですが管理人は、三国志が好きです。
奥さんとかに言わせると、好きと言うよりは"マニア"らしい。。
私なんぞはまだまだ序の口だと思うのだが。

まあ、そんな話は置いといて、三国志関連のネタは大好きです。
ということで今回は三国志について思いつくままに書いてみたいと思います。

まず三国志は「正史三国志」と「三国志演義」とに大まかに分かれますが、
日本では後者をさす場合が多いかと思われます。
一応前者が歴史上の事実とされる訳ですが、個人的にはどちらが有名に
なっても良いのではと思います。
演義の内容に、脚色があっても、それによって大衆の心をつかみ、
三国志が有名になるきっかけとなったのであれば、その意義は大きいと
思います。
私も最初に読んだのは吉川英治さんの三国志でしたし。
なにより、正史は事実の羅列だけなので、読んでいても一般人には面白く
ない!!
私も正史は読みましたが、結構眠くなる。。
結局は、本棚の隅にしまってあって、何か調べたい時のみ活躍するありさまです。


さてさて、三国志といえば「三国無双」シリーズが人気みたいですね。
かくいう私もシリーズ通して遊んでいますが、面白いですね。
さすがに、三国志で長い歴史を持つ光栄の作品ですね。
とはいえ、ストーリーやらキャラやらが、結構光栄ナイズされてるとういか、
なんというか。。
これは間違った三国志観を植えつける光栄の陰謀ですか(w
張郃(ちょうこう:魏の名将)なんてオカマさんだし。。
まあ、このシリーズのキャラなどを鵜呑みにされるとせっかくの名将も
あの世で泣くことになるので、やめてください(w
あくまでゲームということで。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。