徒然なる時に。。
題名のとおり、徒然なるままに。そんな時に更新する日記です。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三国志 ~目立たななくても頑張ってます~①
皆さまこんばんは。

さて、何でもありの様子を呈してきた当ブログ。
管理人の好き勝手な話題を、今日も提供していきませう。

さて、タイトルにもありますように、今回は三国志。
目立たないというか、マイナーというか、まあ正直三国志好きな
人くらいしか知らないであろう、武将を紹介してみましょう。
(①としておいて、②以降があるのかは不明。。)

さて、1回目は私の好きな呉の国から、マイナーながらも私が好きな
徐盛(じょせい)という武将です。


徐盛 字を文嚮(ぶんきょう)。
琅邪国(ろうや)の人。
といっても何処のことやらといった感じと思いますが。
中国の東海岸に近いとこと思って下さい。
琅邪国からは、他にもかの有名な諸葛亮(孔明:こうめい)さんも
出ています。

三国志呉書には「世が乱れてきたので、故郷を棄て、呉郡に仮住まいし」
とある。
おそらくこの「世が乱れてきた」というのは、曹操の徐州侵攻による
大虐殺事件を指しているのだろうと推察されます。
呉書には徐盛の年齢は記載がないが、上記のことから、曹操の徐州侵攻時(193年)
に、ある程度の年齢であることが分かります。
少なくとも10代半ばより年齢は上だったと予想されます。
そうなると、同じくこのときに琅邪国を脱出した孔明よりもやや年上だった
のでしょうか?

さて、この後、呉郡に住まいした徐盛は、度胸と義侠心で有名になり、
孫権に認められ、別部司馬(まあ、部隊長といったところでしょうか)に
任命され、前線の守りにつきます。

そのころは、勝ったり負けたりで、まあ、前線でたたかう一武将に過ぎない
印象ですが、年を重ねることで、成長したのか、後、呉と魏が戦うように
なると安定感が増してきます。

もっとも徐盛の印象が強くなるのが、魏の曹丕(そうひ:文帝)との戦い
でしょう。
大軍を擁して、長江を渡ろうとした文帝は、対岸に築かれた防御壁を見て、
驚き、(長江が増水時期だったこともあり)軍を纏めて引き上げてしまいます。
この防御壁、実は仮の木棚に簾(すだれ)を掛けて、偽装した偽物でした。
これを建策したのが、徐盛であり、他の諸将は最初猛反対していました。
しかし、自身の策に自信をもっていた徐盛は強行に主張。
遂に孫権に認められて、見事魏軍を撃退することに成功したのです。

冒頭にあったように、かなりの度胸を持った人物であったことが分かります。

徐盛の度胸を物語るエピソードがもう一つあります。
223年、同じく魏の曹休が攻め寄せてきた時のこと。
徐盛は、上司となる呂範(りょはん)や同僚の全(ぜんそう)と共に迎撃に向かいます。
しかし、居り悪く強風が吹き、呉の船団は多くの船が転覆するなどしてしまいました。
呂範、全が兵を纏めて引き上げる中、徐盛は残りの兵を纏めて、曹休と対峙します。
寡兵となった徐盛に曹休が攻め寄せてくると、寡兵でこれを良く防ぎ、遂に曹休を
退却させました。

度胸もあり、知略もある、まさに名将と言える人物であったことが伺えます。
ただし、性格的にやや協調性に掛けるところがあったようで、同僚の武将と上手くいかなかった
こともあるようです。

その後、黄武年間(222~229年)に死去したとあります。
曹休の侵攻が223年、曹丕の侵攻が224年なので、224年~229年の間に死亡したことに
なります。

故郷を棄てたとされる193年に仮に15歳だったとして、229年に死亡した場合、
51歳で死亡した計算になります。
当時の年齢でいえば、若くはないのでしょうが、もう少し長生きしていれば、
まだまだ呉の国の戦力となった武将と思われます。

さて、マイナー気味な徐盛ですが、そのせいか、かの有名な光栄三国志シリーズ
初期では、なんとも悲しい能力値評価を受けています。

知友兼備の名将のはずが、

       知力  武力  魅力
三国志Ⅰ: 49   86   56

これじゃあ、ただの猪武者です。。
私も最初は、ただの武力馬鹿としてゲームで使ってました(w

まあ、最近は光栄さんも能力値の見直しが進んで、立派な名将扱いされていますが、
マイナーな武将の能力値というのは、見てみると結構面白いですね。
スポンサーサイト
久しぶりに。。
かなり放置状態になったこのブログ。。

久しぶりに更新してみようと思います。

さて、今回は競馬のお話。

先週の日曜日2月24日に、東京競馬場で今年初のGⅠレース、
「フェブラリーステークス(ダート・1600)」がありましたね~。

懲りずにまたもや個人的予想などをしてみました。

個人的な本命は、全体予想でも1番人気の「ヴァーミリアン」。
昨年からGⅠレースを勝ちまくっている大本命。
しかも、ダートで負けなし!
そりゃあ、誰でも本命にしたくなるってもんです。

でも前回の有馬の時には、大本命にしていた「メイショウサムソン」が
まったくのやる気なしで、惨敗。。
話題の「ウォッカ」もやる気なしで、まったくだめだめ。。

今回もそれが怖かったのですが、パドックでみる限り、今回の
「ヴァーミリアン」はやってくれそうな気配がありました。


結果はご存知のとおり、本命「ヴァーミリアン」圧勝!!

レースを再度見てみたんですが、ほぼ同時にスパートをかけた3着の
「ワイルドワンダー」をあっという間に引き離していきましたからね~。
本当に強い。
上がり3ハロンのタイムが35秒台というのも。
ダートのレースですよね、これ?
芝でのタイムじゃないですよね(w

今後は海外に遠征してもドバイですか。
ぜひ、ドバイDFを制して、凱旋してもらいたいですね。

ところで、途中でレースを中止した「フィールドルージュ」ですが、左前足
の裂傷だそうです。
横山騎手が出欠に気がついて、中断したそうです。
「ヴァーミリアン」のライバルと思っていただけに残念です。
今後は放牧にでて、帝王賞あたりで復活という話が多いですが、あまり
無理しないで直してもらいたいですね。


三国志あれこれ
突然ですが管理人は、三国志が好きです。
奥さんとかに言わせると、好きと言うよりは"マニア"らしい。。
私なんぞはまだまだ序の口だと思うのだが。

まあ、そんな話は置いといて、三国志関連のネタは大好きです。
ということで今回は三国志について思いつくままに書いてみたいと思います。

まず三国志は「正史三国志」と「三国志演義」とに大まかに分かれますが、
日本では後者をさす場合が多いかと思われます。
一応前者が歴史上の事実とされる訳ですが、個人的にはどちらが有名に
なっても良いのではと思います。
演義の内容に、脚色があっても、それによって大衆の心をつかみ、
三国志が有名になるきっかけとなったのであれば、その意義は大きいと
思います。
私も最初に読んだのは吉川英治さんの三国志でしたし。
なにより、正史は事実の羅列だけなので、読んでいても一般人には面白く
ない!!
私も正史は読みましたが、結構眠くなる。。
結局は、本棚の隅にしまってあって、何か調べたい時のみ活躍するありさまです。


さてさて、三国志といえば「三国無双」シリーズが人気みたいですね。
かくいう私もシリーズ通して遊んでいますが、面白いですね。
さすがに、三国志で長い歴史を持つ光栄の作品ですね。
とはいえ、ストーリーやらキャラやらが、結構光栄ナイズされてるとういか、
なんというか。。
これは間違った三国志観を植えつける光栄の陰謀ですか(w
張郃(ちょうこう:魏の名将)なんてオカマさんだし。。
まあ、このシリーズのキャラなどを鵜呑みにされるとせっかくの名将も
あの世で泣くことになるので、やめてください(w
あくまでゲームということで。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。